1:2015/05/19(火) 07:45:27.69 ID:
朝や昼の情報バラエティーのコメンテーターとして欠かせないのがママタレ。どの番組でも必ずひとりは“主婦目線”の代弁者として出演している。
だが、代表的ママタレでありながら主婦目線とはかけ離れたコメントを連発し、物議を醸し続けているのが神田うの(40)だ。

4月にはレギュラーを務める「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、
「子供がラブホテルのイルミネーションをキレイと言う」という視聴者の悩みに対して、「子供を連れて入ってみればいい」とコメント。

3月にはモラハラ問題で「(夫のハラスメントなど)無視すればいい」と発言してネットユーザーの反感を買ったことも。
他にも、リストラ問題に対しては「能力がないからリストラ対象になる」、老後破産問題では「働かざるもの食うべからず」
といった発言を連発。ネットで炎上する芸能人の常連になっている。

「結婚前から、庶民感覚とは異なる現実離れした“正論”を吐くところはあったが、子供ができてから、それがますます顕著になっている。
それでも、育児のために20億円以上のマンションを購入するなど金に糸目をつけない完全な“親バカ”ぶりと、
ビジネスを両立する彼女の生き方は一部のセレブママには絶大な人気があり、ママ関連イベントには引っ張りだこなんです」(芸能ライター)

実際、“ママ”としての露出は多く、3月にもサンリオピューロランドの育児ママ向けのイベントでは17年ぶりにダンスを披露。
「サンリオ好きの娘のために出演を決めた」など、相変わらずの親バカぶりだが、芸能界でも特にセレブ系ママ芸能人には“うの流”育児の支持者が多く、
「うの会」とも呼ばれるママ友集団が形成されている。
メンバーは、同じパチンコ関連企業社長と結婚した伊東美咲、NHKアナの青山祐子、歌手の倖田來未、ほしのあきなど。

「旦那の仕事が傾いて香港に移住した青山アナにも気遣いをするなど、うのには情に厚い面があり、
最強ママ友派閥のボスに君臨しているだけのことはある」(前出の芸能ライター)

義理人情に厚く、カネ回りもよし。人が集まるのも納得だ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/159897
2015年5月19日


セレブママに絶大な人気
27:2015/05/19(火) 08:49:49.56 ID:
美川とはまだお付き合いあるのかな
44:2015/05/19(火) 12:14:00.06 ID:
カネ持ってんだから、どんどん産めばいいのに
子沢山=セレブの象徴みたいな空気を作れ
45:2015/05/19(火) 12:37:56.96 ID:
じゃんじゃん金を使ってくださいよ