【画像】まゆゆ渡辺麻友が深夜ドラマでイケメン俳優と全裸ベロチューwww

    1:2018/09/02(日) 00:44:52.52 ID:
    まゆゆ/(^o^)\オワタ
    5:2018/09/02(日) 00:51:19.71 ID:
    ハロプロで例えて
    8:2018/09/02(日) 00:56:00.50 ID:
    道重に相当する
    21:2018/09/02(日) 01:44:33.87 ID:
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    【画像】吉岡里帆ちゃんがドラマで乳首が見えてしまうハプニングwww

    1:2016/07/28(木) 21:31:22.32 ID:


    (*´Д`)ハァハァ

    【画像】剛力彩芽ドラマグ・ラ・メ!の初回視聴率www

    1:2016/07/25(月) 09:56:00.07 ID:
    オリコン 7月25日 9時52分配信

     女優の剛力彩芽が主演するテレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』
    (毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)の初回が22日に放送され、番組平均視聴率が
    7.2%だったことが、わかった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

     剛力が総理任命の“官邸料理人”として奮闘するストーリー。ライバル役にドラマ『民王』
    (テレビ朝日)の秘書役で人気に火が付いた高橋一生、『半沢直樹』(TBS)でブレイクした
    滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で知名度を上げた三宅弘城、『真田丸』(NHK)で豊臣秀吉を
    怪演している小日向文世、『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS)で注目を集めた片桐仁が
    顔をそろえる。

     ケツメイシによる主題歌に合わせてメインキャストが踊るエンディングムービーも秀逸で、
    剛力と並んでキレのいいダンスを披露する三宅、劇中とは異なる笑顔の高橋、滝藤や小日向が
    踊っていること自体、新鮮。

     第2話では初回ではラスト5分での登場だった高橋演じる官邸食堂総料理長・清沢晴樹が
    本格的に登場。これまで来賓をもてなす料理の一切を取り仕切ってきたのが清沢。海外出張で
    不在の間に総理秘書官の古賀征二(滝藤)が一木くるみ(剛力)を“官邸料理人”として
    招き入れたことに憤慨しながらも、“皇帝の微笑み”と呼ばれる余裕の笑みをたたえながら、
    くるみの前に立ちはだかる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00000305-oric-ent

    【画像】松嶋菜々子ドラマで初のベッドシーンwww

    1:2016/06/18(土) 10:14:15.93 ID:
     女優の松嶋菜々子(42)が、3年ぶりに連続ドラマで主演する7月スタートの「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系、木曜午後10時)で初のベッドシーンに臨むという。これまで濡れ場のある役を徹底的に避けてきた松嶋。四十路をすぎて「そろそろ解禁?」と思いきや、どうやら別の理由があったようだ。それは――。

     松嶋は、フジから同ドラマのオファーがあった時、社会現象を起こした不倫ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の脚本・井上由美子氏と三竿玲子プロデューサーが今回のスタッフに名を連ねていたことから、当初は難色を示していたという。

    「“昼顔”のように濡れ場シーンがあると思ったからですよ。しかし、えり好みしている場合ではなかった」と言うのは、松嶋の家庭事情を知る芸能プロ関係者だ。

    「昼顔」といえば、上戸彩(30)、吉瀬美智子(41)ら人妻が、昼間に愛人と逢瀬を重ね、大胆な濡れ場も話題になったドラマ。そのスタッフ・コンビに加え、「昼顔」で注目された女優・伊藤歩(36)も出演する。

     松嶋の役どころは、広告代理店の元売れっ子クリエーティブディレクター。アラフォーで結婚、出産、育児休暇を経て3年ぶりに営業部門で職場復帰する。仕事と家庭を両立すべく奮闘するが、会社では自信を打ち砕かれ、夫とも溝ができてしまう。

    「夫との関係が悪化し、年下男に走るという設定のようで、相手役の松田龍平とのベッドシーンが予定されているようです」(ドラマ関係者)

     これまで濡れ場を避けてきた松嶋がこの役を受け入れた背景には特別な事情がありそうだ。

    「飼い犬をめぐる“ドーベルマン訴訟”で約1700万円の損害賠償を命じられる判決が出た一方、長女は海外留学。下の娘は私立の名門校に通っていて、お金がかかる。夫の反町隆史は人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の続投が決まってますが、自ら頭を下げて、直訴したという話です。
    松嶋も休んでもいられないし、女優としての価値も保たないといけない。主演ドラマは何としてでも視聴率を取って、次のオファーにつなげなければならないでしょう。男性視聴者を獲得するためには、大胆な濡れ場を演じる必要があると判断したようです」(芸能プロ関係者)

     家庭の事情に加え、松嶋には所属事務所の問題も出てきた。後輩の井上真央(29)が独立するため、事務所を支えなければならないのだ。

    「当初、事務所は松嶋の個人事務所のようなものだったんですが、その後、井上が大ブレークして“二枚看板”になった。ところが、井上の母親が事務所の待遇に不満を持って、独立するのは時間の問題。松嶋は事務所のためにも稼ぐ必要に迫られているのです」(芸能プロ関係者)

     松嶋といえば、無名時代、とんねるずの番組で、ひわいなセリフを言わされる戦隊ものの女性隊員をやらされたという黒歴史がある。

    「それがトラウマになって、ドラマでは濡れ場を拒否してきたといわれていましたが、そうもいっていられない。今回は覚悟のベッドシーンになりそうです」(ドラマ関係者)

     長身スレンダーのボディーと色気が視聴率につながるか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160618-00000011-tospoweb-ent

    【画像】前田敦子のセクシー深夜ドラマエロすぎwww

    1:2016/06/08(水) 23:14:37.03 ID:
    TBS 24時10分からやで

    【画像】前田敦子ドラマで濃厚キスシーン連発www

    1:2016/04/09(土) 21:42:37.15 ID:




    完全に女優だな

    ドラマ監獄学園が入浴シーン多すぎてエロすぎwww画像

    1:2015/10/28(水) 08:08:23.31 ID:




    さんまと大竹しのぶの伝説ドラマ「男女7人夏物語」が再現www画像

    1:2015/10/07(水) 05:09:14.61 ID:
    タレント・明石家さんま(60)と元妻で女優・大竹しのぶ(58)が共演した1986年放送のTBS系6日、分かった。

    同局の特番「TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティー全部見せます!
    夢共演も大連発SP」(12日放送、後7・00)内で実現した。

    「男女7人-」は、主演のさんまと大竹の掛け合いが話題となり、最高視聴率31・7%を記録。
    トレンディードラマの元祖ともいえる伝説のドラマで、87年に続編「男女7人秋物語」も放送。
    このドラマでの共演がきっかけとなり、さんまと大竹が結婚したことでも有名だ。

    特番では、ドラマでおなじみとなっていた2人の定食屋での掛け合いも完全再現。
    88年に結婚、92年に離婚した、さんまと大竹が定食屋でのトークを繰り広げ、
    約2年ぶりにテレビ共演した。

    俳優・奥田瑛二(65)、片岡鶴太郎(60)、女優・池上季実子(56)、賀来千香子(53)、
    小川みどり(54)も加わった7人の男女による“同窓会”では、懐かしの映像を見ながら、
    昔話に花を咲かせた。

    写真撮影ではメンバー同士が当時の構図を再現しようと大盛り上がり。
    収録を終えた池上らが「また10年後、この番組できるね~」と語ると、
    さんまも「そやな~」と語り、再会を約束していた。


    ・大竹しのぶと明石家さんま

    ・「男女7人夏物語」

    ・29年ぶりに再集結した(右から)賀来千香子、奥田瑛二、大竹しのぶ、明石家さんま、池上季実子、片岡鶴太郎、小川みどり

    http://www.daily.co.jp/gossip/2015/10/07/0008462525.shtml
    2015年10月7日

    黒木メイサNHKドラマのデザイナーベイビーで主演www画像

    1:2015/09/30(水) 07:38:16.61 ID:
    ◆黒木メイサ主演 NHKドラマは刑事&医療モノの“いいとこ取り”

    22日にスタートした黒木メイサ(27)主演のNHKドラマ10「デザイナーベイビー」。

    ある病院で新生児が誘拐される。優秀な物理工学博士(池内万作)と、
    元トップアスリート(安達祐実)の間に生まれたノゾミだ。
    捜査に当たるのは妊娠8カ月の刑事・速水(黒木メイサ)。
    先週の初回は、早々に犯人と思われる夫婦が判明し、
    捕まえようとしたが……という展開だった。

    舞台となる病院が何やら怪しい。
    アリバイ不明の医師・須佐見(渡部篤郎)は、誘拐犯夫婦と因縁があるらしい。
    彼とライバル関係にある医師・崎山(渡辺いっけい)が手掛ける、
    高度生殖補助医療にも裏がありそうだ。

    高度生殖補助医療とは、卵子と精子の両方を操作して行う不妊治療。
    デザイナーベイビーの発想はその先にあり、遺伝子操作によって
    親が望む外見や知能などを持つ子供を生み出そうというのだ。

    “神の領域”だった部分に、医学がどこまで手を突っ込んでいいのか。
    技術面、倫理面での問題点も指摘されている。
    つまり、このドラマの特色は、刑事ドラマと医療ドラマの
    ハイブリッドになっていることだ。

    誘拐も単なる営利目的ではないはずで、
    捜査陣は最先端医療の闇に触れることになるかもしれない。

    3年前、私生活で第1子の女児をもうけた黒木は、“妊婦刑事”役も実に自然。
    妊婦だからこそ見えてくる真実もある。
    やや複雑な設定ながら、新機軸の刑事ドラマが期待できそうだ。

    写真:妊婦刑事役がハマっている


    日刊ゲンダイ 2015年9月30日
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/164665

    生田斗真がドラマ共演の清野菜名と熱愛発覚www画像

    1:2015/08/24(月) 15:37:07.28 ID:
    ジャニーズ所属の人気俳優・生田斗真と注目の若手女優・清野菜名が交際していることが、『週刊女性』の取材で明らかになった。

    2人は今年1月クールのドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)で共演。劇中では警官の先輩後輩を演じた。

    8月18日の夜10時過ぎ、生田が住む高級マンションに清野がタクシーで訪問。

    すぐにはマンションに入らず、電話をしながら1本先の通りへ。2、3分すると戻ってきて、周りを見回しながらエントランスに入った清野。
    慣れた様子で訪問先の部屋番号を押し、軽い足取りでドアの向こうに消えた。

    マンションを訪れて13時間後の翌日の午前11時過ぎ、清野は前日と同じ服装でマンションから現れた。
    来たときと同じように周りを見回し、注意を払いながらその場をあとにした。

    さらにその1時間後、今度は生田が半ズボンにサンダルというラフないでたちでエントランスに現れた。
    偶然なのか、清野とのペアルックにも見える白Tシャツに帽子とサングラスという組み合わせだった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150824-00017282-jprime-ent
    週刊女性PRIME 8月24日(月)15時30分配信
    アニメ、テレビよく見ます。相互フォローします。

    人気ブログランキングへ
    月別アーカイブ
    アクセスカウンター

      【12/28更新】この度アクセスを送るためのURLを変更しました、お手数ですが相互サイト様にはまた置き換えの方をして頂けますようよろしくお願い致します。「news24vip」

      アクセスランキング
      アクセスランキング アクセスランキング

      ランキングにランクインされた方から優先的にアクセスをお送りさせていただいております。
      サイト内で検索