【画像】小泉今日子、豊原功補との不倫セックス認める

    1:2018/02/01(木) 15:54:02.36 ID:
    2/1(木) 15:44配信
     俳優の豊原功補(52)が1日に公式ホームページで、女優の小泉今日子(51)との関係を説明した。

     この日、小泉は所属事務所からの独立を発表し、豊原との恋愛関係を認めた報告もしている。

     豊原は「本日、小泉今日子さんから独立のご報告と共に記されている件について、私からも述べたいと思います」と綴り、小泉との関係性を「ご本人からの報告にあるように、互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております」と認めた。

     自身が既婚者であるということは事実、一部週刊誌やネット上で伝えられてきた内容には実際と異なる部分があるとし「私が既に離婚しているかのように書かれたものもありますが、それは事実ではありません。私には家族、妻子があります。このことで双方関係者の皆様にはご心配ご迷惑をおかけしておりますこと大変申し訳なく思っております。また私自身、家族に対し様々な厳しい思いを強いていることへの自責の念は尽きませんが、それをどのような言葉を持ってここに記すのも相応しいとは思えません。自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいと思っております。責任は私にあります」と自責の念を述べた。

     「これまでの間、虚実ないまぜの記事や、直接の取材要請も他メディアでの報道もなかったことに違和感を覚えつつもこれを黙認し、口を閉ざしていた自分の数年を反省しております。おこがましくも、半ば私的なことを述べさせていただくことになりましたが、私の心で置き捨てにしてはならないと思うところ、また俳優業の端くれとしての自己と、この先の純然たる創作世界を見つめる上でも、私における事実として発することにさせていただきました。つきましては、今後全て私の一身で受ける所存でありますことご了承いただきたく存じます」と綴った。

     「家族とは三年近く以前より住まいを別にしており、家族はこの仕事とは携わりのない明らかな私人であり、一般的な環境の中で日々の暮らしを過ごしております」と豊原。「大変恐縮ですが、家族及び親類などへの取材、詮索等は一切ご遠慮下さいますよう、ご配慮、ご理解のほど切にお願い申し上げます」と要望してメッセージを締めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000187-sph-ent
    3:2018/02/01(木) 15:55:26.06 ID:
    斉藤由貴に続いてキョンキョンまで不倫か
    5:2018/02/01(木) 15:56:51.00 ID:
    よくこんなの認めたなあ
    8:2018/02/01(木) 15:58:04.56 ID:
    小泉チョンチョン

    【画像】斉藤由貴のベロチュー不倫写真www

    1:2017/09/05(火) 18:22:15.83 ID:
    帖ってクレメン
    7:2017/09/05(火) 18:24:22.20 ID:
    50でも全然抱けるわ
    10:2017/09/05(火) 18:25:54.45 ID:
    おはD
    11:2017/09/05(火) 18:26:27.11 ID:
    auのCMなくなったな性欲モンスターは起用しないんか

    【画像】小倉優子の夫と不倫した馬越幸子、芸能界から抹殺されるwww

    1:2016/08/03(水) 07:28:19.27 ID:
    6月16日に、自身のブログで第2子の妊娠を発表し、幸せいっぱいのママタレント、小倉優子に衝撃的な出来事が起こった。
    夫であるカリスマ美容師の菊池勲が、あろうことか小倉と同じ事務所の後輩アイドルと逢瀬を重ねていたというのだ。

    「8月3日発売の『週刊文春』が掲載しています。相手はラウンドガールを務め、バラエティ番組にも出演している馬越幸子。
    スレンダーなモデル体型のアイドルです。今年3月に出会った2人は、すぐに馬越の自宅に通う間柄になったそうです」(芸能ライター)

    週刊文春では、馬越の自宅を出入りする菊池の姿を載せ、さらに菊池に直撃。
    菊池は後日、てん末を小倉に告げると、小倉は泣きながら菊池の携帯を投げつけたという。

    「8月2日の時点で、所属事務所のホームページに馬越の名前はなく、本人のブログ、ツイッターも消滅。
    ファンからは何があったのかと気にかけるコメントが書き込まれています。このまま芸能界からも消滅するかもしれません。
    あるいは、オトナ業界の道へ進むか‥‥」(週刊誌記者)

    テレビの世界で飽和状態とされるママタレ部門にありながら、確固たる地位を築いていた小倉。
    しかし“よきママ”は、必ずしも“よき夫婦関係”というわけではないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1173806/
    2016.08.03 06:00 アサジョ

    【画像】乙武氏と妻の不倫謝罪コメントwww

    1:2016/03/24(木) 06:03:44.17 ID:
    5人の女性と不倫関係にあったと24日発売の「週刊新潮」に報じらている乙武洋匡氏(39)が同日朝、自身のオフィシャルサイトを更新し、騒動を謝罪した。
    また、妻の仁美さんのコメントも掲載した。

    乙武氏は「このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません」と謝罪。
    「報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、
    決して許されるものではありません」と自らの行為を断罪した。

    妻の仁美さんには自身を行為を打ち明け、話し合ったといい「妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました」。
    「失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です」と続けた。

    仁美さんは「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。
    今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」としている。

    乙武氏は、450万部のベストセラー「五体不満足」の著者で、13年から昨年末まで都の教育委員を務めた。
    私生活では、01年に早大の1学年下の仁美さんと結婚。長男(8)、次男(5)、長女(1)の3人の子宝に恵まれた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/24/kiji/K20160324012271300.html
    2016年3月24日 05:42


    【画像】栗山千明と市原隼人が不倫愛www

    1:2016/03/01(火) 04:59:24.73 ID:
    2016年03月01日

    女優の栗山千明さんが、4月からスタートの林真理子さんの小説(文春文庫)をドラマ化する
    「不機嫌な果実」(テレビ朝日系)で主演を務めることが1日、明らかになった。

    ドラマは夫婦愛が冷めた主婦と情熱的な男性との不倫劇を描き、栗山さんは主婦を演じ、
    市原隼人さんが相手役を務める。栗山さんと市原さんは初共演。栗山さんは
    「かつて見たことのない栗山千明をお見せできるかと思います」と意気込んでいる。

    「不機嫌な果実」は1997年にドラマ、映画化もされたベストセラー小説。
    ドラマ化されるのは約19年ぶりとなる。栗山さんは出演について
    「いつも以上に自分のハードルが上がって、大きなプレッシャーを感じていますが、
    未知の役どころを与えていただけて、本当にうれしい」と喜び、相手役の市原さんについては
    「笑顔がとてもチャーミングな、真っ直ぐでうそいつわりのない、とても信用できる方」といい
    「懐に思いっきり飛び込んで、頼りたい」とコメントしている。

    市原さんは「(オファーに)とても意外」と振り返り、栗山さんについて
    「(写真撮影で)すごくドキドキしてしまって……」といい「こんな感じで、ドラマの撮影、
    大丈夫かな!?と思ってしまいました(笑い)」と話している。
    さらに「皆さんの目を釘付けにして、時間を止めてしまうような表現を模索していきたい」
    と意気込みも寄せている。

    原作の林さんは約19年ぶりのドラマ化に「うれしい」と話し
    「普通の主婦があっけらかんとそれほど罪悪感もなしに不倫をすることに
    当時は物議を醸し出しましたが、今こそピッタリの作品です」とメッセージを寄せている。


    http://mantan-web.jp/2016/03/01/20160229dog00m200051000c

    ものまね女王・荒牧陽子の不倫略奪婚トラブル後の今現在www

    1:2016/02/24(水) 14:43:26.85 ID:
    ’11年に、倖田來未や平原綾香などの歌ものまねでまたたく間に“ものまね女王”に登りつめた荒牧陽子(35)。しかし、’13年1月から活動を休止。突然の活動休止の陰に、“不倫略奪婚”トラブルがあったことを本誌は2年前にスクープした。

    荒牧は現在の夫A氏の前妻B子さん(37)から、「夫を寝取った」として慰謝料6千万円を求め訴えられた。B子さんが出産で入院しているさなかにもA氏と荒牧は自宅で不貞行為に及んだという。結局、A氏とB子さんは離婚。荒牧は’13年5月、彼女からA氏を奪う形で入籍した。

    いま世間では、とりわけ不倫報道が話題。芸能活動を休止したベッキー(31)、議員を辞職した宮崎謙介元衆院議員(35)……。荒牧は自らの不貞を悔い改めているのだろうか。騒動から2年半、彼女は徐々に仕事を再開しはじめていた。2月19日、全身黒のコーディネートで自宅から駅へ歩いて向かっていた彼女を直撃した。

    ――’13年から突如、芸能活動を休止していましたが?
    「あれは本当に裁判とは関係ないです! ものまねで売れまくってしまったんですけど、私は自分の曲を歌いたくて……。その整理がつかなくて精神的に参ってしまって」

    ――B子さんは「A氏からも荒牧さんからも謝罪がない」と話していましたが?
    「その件に関しては、本当にご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした! この気持ちが記事を通して、少しでも伝われば、と思います」
     
    初めてB子さんへの謝罪の気持ちをうつむきながら述べた荒牧。ひと呼吸おきながら、こう続ける。

    「本当に、夫は離婚していたものだと思っていました。でも、それを強調してしまうと、夫を責めることになってしまう……。離婚してからのお付き合いでなかったことに、罪悪感はもちろんあります」
     
     現在もシングルマザーとして子どもを育てているB子さんに、荒牧の言葉を伝えると、「とくにコメントはありません」と答えるのみだった。3年が経っても“不倫略奪婚”は、いまだに双方に深い傷を残している――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160224-00010000-jisin-ent

    【画像】ベッキー不倫の新事実を週刊新潮が掲載www

    1:2016/02/24(水) 16:02:13.85 ID:
    美人タレントのベッキー(33歳)と、人気バンド「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音の不倫騒動で、今までにない新事実が、人気雑誌「週刊新潮」(2016年2月25日発売)に掲載されることが確定した。

    ・ここにきて「新事実」
    そもそもベッキーと川谷絵音の不倫騒動は、人気雑誌「週刊文春」(2016年1月7日発売)がスクープとして報じたのがきっかけで始まった。その後、川谷絵音の妻の独占インタビューなどが報じられ、すでに情報は出尽くしたと思われていたが、ここにきて「新事実」が報じられるわけだ。

    ・マスコミ関係者のコメント
    「2月25日発売の週刊新潮に掲載されるベッキーの不倫記事は、総集編やネタの使いまわしではありません。今まで報じられてこなかった、ベッキーと川谷の新事実が報じられます。おそらく、この記事を読んだ多くの人たちが、川谷がいちばんの悪人だと感じることでしょう。自分の欲望のためベッキーに大嘘をついていたのだから当然です」

    ・どんな嘘をついていたのか?
    詳細は2016年2月25日発売の「週刊新潮」を読んでほしいが、今回の新事実によって、ベッキーの芸能界復帰が早まる可能性が出てきた。そのぶん、川谷絵音が芸能界から追放される可能性も強まる。それにしても、川谷絵音はベッキーにどんな嘘をついていたのか? 今から気になって仕方がない。

    http://buzz-plus.com/article/2016/02/24/becky-kawatani-furin-news/




     

    【画像】ベッキー不倫騒動の川谷絵音に第四の女性が出現かwww

    1:2016/01/27(水) 12:37:04.09 ID:
    ベッキーと川谷絵音の不倫騒動は、いまだに収束することなく炎上し続けている。
    特に週刊文春が報じた、ベッキーと川谷絵音のLINEのラブラブメッセージは、世間に大きな衝撃を与えた。

    どうしてLINE画像が流出したのか? 現時点では「クローンiPhone説」と「アナライザー説」が有力視されている。

    ・シンガーソングライターの女性とも交際?

    そんな騒動のなか、衝撃的な情報が飛び込んできた。「ベッキーと不倫中の川谷絵音が別のシンガーソングライターの女性とも交際しているのではないか」
    という疑惑が浮上したのだ。その女性は、美貌と美声で絶大に支持を得ている人物、川本真琴(42歳)。

    ・川谷絵音に新たな女性か

    その川本真琴が、Twitterに書き込みした内容が物議を醸している。川本真琴は恋愛関係にある男性に向けてTwitterにメッセージを書いたのだが、
    その相手の男性というのが「ベッキーと不倫関係にある川谷絵音ではないか」といわれているのだ。以下は、川本真琴によるTwitterの書き込みである。


    ・あまりにも衝撃的な展開

    もし川本真琴の彼氏が川谷絵音で、「わたしの彼氏を取らないでください」と言っている相手がベッキーだとすれば、あまりにも衝撃的な展開ということになる。
    川谷絵音は、そこまで浮気性なのだろうか?

    ・噂されることを意図して書き込み?

    相手の男性が川谷絵音ではない別人だとしても、ベッキー不倫騒動のなか、「川谷絵音ではないか」と噂されることを意図して書き込みした可能性もある。
    真相はまだ闇の中だ。

    ・事実なら世間的には第四の女

    ちなみに、川本真琴の彼氏が川谷絵音であれば、世間的には第四の女ということになる。
    川谷絵音の妻、結婚後に密会していた元カノ、ベッキー、そして川本真琴である。
    http://buzz-plus.com/article/2016/01/27/becky-kawatani-kawamoto/

    【画像】ベッキー川谷の不倫騒動が禁断情報を文春が掲載で最終章へwww

    1:2016/01/27(水) 16:10:29.71 ID:
    ベッキーと川谷絵音の不倫騒動について、新たな情報が「週刊文春」(2016年1月28日発売)に掲載されることが確定した。

    今回は週刊文春編集部が「あえて書いていなかった禁断情報」が掲載される予定で、いよいよベッキー不倫騒動も最終章へと進む。

    ・大物芸人の名も掲載
    詳しくは2016年1月28日発売の週刊文春で確認してほしいが、今まで名前が出てこなかった、ベッキーにアドバイスをした大物芸人の名も掲載される予定で、大きな衝撃を受ける内容なのは間違いない。

    ・センテンススプリング以外の名言
    なにより衝撃的なのが、センテンススプリング以外の名言も掲載されている点だ。この名言がセンテンススプリングと同様にファンやインターネット上で大きな話題になるのは確実。

    どうやって二人だけの「この言葉」を暴けたのか、非常に気になるところ。

    ・日本中を震撼させる出来事に発展
    そもそもベッキー不倫騒動は週刊文春のスクープにより始まり、日本中を震撼させる出来事に発展した。

    もちろん不倫をしていたベッキーと川谷絵音の自業自得なのだが、本人たちもここまで大きな騒動になるとは思っていなかっただろう。

    週刊文春、恐るべし。

    http://buzz-plus.com/article/2016/01/27/becky-kawatani-furin-bunsyun/



     

    【画像】ベッキー不倫騒動で芸能界追放ほぼ確定かwww

    1:2016/01/26(火) 06:08:27.60 ID:
    美人タレントとして活躍するベッキーが、人気バンド「ゲスの極み乙女」の川谷絵音との不倫関係が暴露され、芸能界通報の噂があったが、
    それが噂ではなく「芸能界追放ほぼ確定」であるとの情報が入ってきた。

    ・ベッキーのフェードアウト

    すでにこの情報は芸能関係者では周知の事実で、あとは所属するサンミュージックが、ベッキーのフェードアウト(引退)をどれだけスピーディーにできるか調整するだけという情報も入っている。
    これは芸能関係者が当編集部に語ったもので、さらに以下のように語っていた。

    ・芸能関係者のコメント

    「覚醒剤取締法違反で逮捕されたアイドルのノリピー(酒井法子)より最悪の結末になるといわれています。
    なぜなら、ノリピーは自分で過ちを犯しただけであり、芸能界やファンに対しては誠心誠意、しっかりと謝った。
    しかしベッキーは過ちを犯しただけでなく、事務所やスポンサー、そしてファンに牙をむいたんですよ。
    あの「友達で押し通す予定!笑」というLINEのメッセージのことですね。
    つまり謝罪会見でみんなを騙すと宣言したようなもの。スポンサーの多くはそれで彼女を見放すことにしたんです。
    覚醒剤で捕まったノリピーのほうが罪が重いように感じるのは確かですが、人や企業を欺いたという点でベッキーは絶望的。
    不倫、嘘、騙し、裏切り、そのすべての要素が烙印として押されてしまった以上、少なくともテレビでの復帰は無理でしょう」

    ・ベッキーが出るな番組スポンサーから降りる

    また、とあるスポンサー企業の幹部も激怒しているようで、芸能雑誌記者は「ベッキーを起用した企業だけでなく、ベッキーが出演している番組のスポンサーも怒っています。
    「ベッキーが出るなら番組スポンサーから降りるしかない」と言ってるそうです。
    企業としては当然の考えでしょうね」とも語っていた。

    ・このまま静かに芸能界から消えていく?

    ちなみに、ベッキーは改まって引退会見などはせず、このまま静かに芸能界から消えていく流れの可能性が高いそうだ。

    別の情報筋によると、サンミュージックが倒産するほど大きな損害賠償が発生するとも言われている。
    サンミュージックにはカンニング竹山をはじめとした素晴らしいタレントがいるだけに、非常に悲しい状況である。
    また、川谷絵音の妻に対する離婚協議(裁判)もこれから進展すると思われる。

    http://buzz-plus.com/article/2016/01/26/becky-furin-kawatani-out/
    2016.01.26
    アニメ、テレビよく見ます。相互フォローします。

    人気ブログランキングへ
    月別アーカイブ
    アクセスカウンター

      【12/28更新】この度アクセスを送るためのURLを変更しました、お手数ですが相互サイト様にはまた置き換えの方をして頂けますようよろしくお願い致します。「news24vip」

      アクセスランキング
      アクセスランキング アクセスランキング

      ランキングにランクインされた方から優先的にアクセスをお送りさせていただいております。
      サイト内で検索