【画像】エロ漫画家の印税が凄いwww

    1:2016/06/07(火) 14:55:55.316 ID:
    マジ?

    佐藤秀峰が電子コミックで売り上げた印税がすごいwww

    1:2016/05/27(金) 19:25:14.15 ID:
    電子コミック販売サイト「漫画onWeb」や電子書籍取次サービス「電書バト」などを運営する漫画家の佐藤秀峰さんは、
    2月に伝書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で販売するセールで、売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにした。
    売り上げトップだった佐藤さん本人には、1億3000万円以上の印税が入ったという。
    出版不況の中、この結果が「すべての漫画家の希望となることを願っている」としている。

    佐藤さんは、1億3388万円という額について「1カ月間のロイヤリティ金額としては、控えめに言っても、これまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみている。
    紙の書籍の印税で同額を稼ぐには、単行本を約300万部を売り上げる必要があるという。
    販売したタイトルは新作ではなかったが、「大幅な値引きを行なった上で、取り扱い全作品を一気にセールに投入する」という作戦が奏功し、大きな売り上げにつながったとみている。
    参加した作家からは「紙の本ではほとんど利益を産まなかった作品が、電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。
    読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、ということに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」と感想が寄せられたという。
    佐藤さんは「この結果がすべての漫画家にとって希望となることを願っています」とコメントしている。
    電書バトは、簡単なクオリティチェックを通ればプロ・アマ問わず電子書籍を販売できる取次サービスで、2014年にスタート。国内主要電子書籍ストア約50店舗に対応しているという。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1605/27/news116.html

    【画像】 品川祐のドロップの印税がすごいwww

    1:2015/12/14(月) 12:15:22.00 ID:
    お笑いコンビ・品川庄司の品川祐(43歳)が、12月13日に放送されたバラエティ番組
    「芸能人つまずきビッグデータ」(フジテレビ系)に出演。
    2006年に出版した自身がモデルの著作「ドロップ」関連の印税総額について、
    同番組は「2億円はくだらない」との税理士による見解を紹介した。

    お笑い芸人の小説といえば、ピース・又吉直樹「火花」の240万部、
    麒麟・田村裕「ホームレス中学生」の225万部などがあり、
    それぞれ印税は軽く億を超えていると言われている。
    対して品川の小説「ドロップ」は30万部止まりで、そこまでの印税は発生していない。
    それでも品川の印税収入が「2億円はくだらない」とされるのは、マンガ化され、これまで27巻、
    累計発行部数800万部を超えているからだった。

    番組に出演した税理士によると、マンガの著者印税は一般的に「定価×部数×10%」で、
    原作者が別にいる場合には「漫画家7:原作者3」といった分け方が多いという。
    ただ、品川の場合は有名人のため「漫画家6:原作者4(品川)」の可能性もあるようだ。
    そこから吉本興業がどれほどの割合を持っていくのかは定かではないが、
    引かれた分を考えても1億円は残ると推定。
    さらに小説の印税が4,000万円、映画やDVDに関する印税が6,000万円で、
    合計すると印税総額2億円というのが税理士による試算だ。
    そしてマンガは現在も継続中で、今後もさらなる印税収入が見込めるという。

    品川は「額は別として」と、税理士の試算が正しいかどうかについては明言を避けたが、
    「マンガって1年に何巻かずつなので、何年にもわたってなんで、
    (印税が一度に入って)うわっ!っていうのはないですけど、いま、『あ~…助かるな…』っていうのはある」と、
    印税ライフを語った。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151214/Narinari_20151214_35172.html

    「ドロップ」

    ピース又吉、芥川賞火花で吉本に持っていかれる印税www

    1:2015/07/17(金) 12:22:31.44 ID:
    芥川賞を受賞し、“文豪芸人”となったことで「ピース」の又吉直樹(35)の収入も跳ね上がる。
    大手出版関係者によると、64万部出ている「火花」の現在の印税収入は約8300万円ほど、
    所属の吉本興業を経由して4000万円ほどが本人に入るとみられる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150717-00000085-spnannex-ent 

    菅野美穂が写真集の印税でもらった金額wwwwww

    1:2013/11/11(月) 00:50:35.09 ID:
    7億円
    アニメ、テレビよく見ます。相互フォローします。

    人気ブログランキングへ
    月別アーカイブ
    アクセスカウンター

      【12/28更新】この度アクセスを送るためのURLを変更しました、お手数ですが相互サイト様にはまた置き換えの方をして頂けますようよろしくお願い致します。「news24vip」

      アクセスランキング
      アクセスランキング アクセスランキング

      ランキングにランクインされた方から優先的にアクセスをお送りさせていただいております。
      サイト内で検索