映画シン・ゴジラが予想上回る大ヒットwww

    1:2016/08/18(木) 09:50:06.87 ID:
     庵野秀明が脚本、総監督を務めた『シン・ゴジラ』が社会現象と言っても差支えないほどの大ヒット中だ。7月29日の公開から先週末8月14日までの3週間(17日間)で、動員230万人、興収33億8200万円を突破。東宝では当初、最終40億円見込みと発表していたが、現状で公式発表はないが50億円超えは確実とみられる。2016年上半期の邦画実写興収では『信長協奏曲』(46億円)がトップだったが、年間では『シン・ゴジラ』が1位になる可能性も俄然高くなってきた。

    ◆事前の情報ゼロから爆発的な拡散、社会現象へ

     同作は、庵野秀明総監督の意向による宣伝方針で、徹底した情報統制が敷かれ、通常は行われるマスコミ関係者の試写もほとんど行われなかった(一部取材者向けの試写は行われた)。そのため、メディア掲載も含めたネットの情報といえば、庵野総監督自ら編集した90秒の予告映像くらい。事前の作品情報がほとんどなく、『エヴァ』ほど積極的に情報を求めるファンも多くはないなか、それほど話題が盛り上がっている感もなく、初日が近づくに連れて興行の行方を不安視する向きもあった。しかし、フタをあけてみれば公開直後から大きなうねりを巻き起こした。

     SNSなどネットを通じて、瞬く間に著名人をはじめ、映画を観た人たちの評判が口コミが伝わったほか、各メディアもいっせいにレビューを掲載。そのほとんどが庵野総監督が描き出したゴジラと日本の物語を賞賛するものだった。この爆発的な情報拡散には、事前の情報統制により作品情報が少ないことへの飢餓感があおられていたなかで、それについていち早く語りたいというファンのモチベーションを高めていたことがうかがえるが、そのもとになる作品パワーが予想を上回る強烈なものであり、語らずにはいられないほどの衝撃を観た人たちに与えたことが大きな要因になっている。

     その後は、ほぼ毎日のようにネットニュースにさまざまな角度から『シン・ゴジラ』を考察する関連記事があふれ、それにユーザーもリアクション。社会現象を巻き起こした。東宝では「公開直後から、監督やプロデューサーほかスタッフへのメディア取材依頼が殺到しています」という。作品のよさを信じていたスタッフは、公開前から当然ヒットの確信はあったものの、あまりの反響の大きさに驚きを隠せない様子。作品内容的に大人向けかと思われていたが、こうした社会的な盛り上がりから、性別世代を超えて幅広く響いているようで、「渋谷の若者たちへの街頭アンケートでも社会を賑わせているテーマとして取り上げていただきました。若者世代やファミリー層にも広がっている手応えはあります」(東宝スタッフ)という。

    ◆製作委員会ではなかった、東宝単独制作による利点

     そんな同作の大ヒットの最大の要因は、言うまでもなく作品のよさだろう。東宝は、庵野総監督にすべてを託し、庵野総監督はこれまでにも伝えられている通り、不退転の決意をもって魂を削って作品に打ち込み、自ら全スタッフを牽引して渾身の一作を作り上げた。それは制作者として当たり前のことなのだが、メジャー大作をはじめとした昨今の邦画シーンに少なくなっているものが、ここにはあったのではないだろうか。

     監督が自ら脚本を書き、伝えるべきメッセージを思うままに形にしていく。プロデューサーは監督を信じてすべての一任することで作家性の高い作品が生まれる。そこには、製作費を出資する製作委員会(数人ものプロデューサーが名を連ねる)からの、若手の旬の俳優をメインキャストに入れる、恋愛要素を入れるといった“ヒットさせるための要素”への意向を汲むこともなく、映像描写についてのよこやりもない。『シン・ゴジラ』は、製作委員会方式をとらずに東宝が単独で制作したからこそ生まれた名作ともいえるかもしれない。はじめから万人向けに作られた作品と、メッセージ性を強く出した監督の作家性がにじむ作品。どちらがおもしろいのか、結果的に多くの人に観られるのかはどういう作品かを、改めて示してくれた。

     『シン・ゴジラ』は、公開4週目に入り引き続き好調。3週目の時点で『GODZILLA ゴジラ』(2014年公開:日本最終興行収入32億円)と比較して約160%だったが、IMAXや4DXなどの特別興行もとくに夏休み中の映画館では人気が集まっおり、さらなる動員も期待できる。最終興収50億円超えも確実とみられ、今年の邦画実写トップの座が見えてきている。


    画像:社会現象になった?東宝単独で制作された『シン・ゴジラ』(C)TOHO CO.,LTD.


    オリコン 8月18日(木)8時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000323-oric-ent.view-000

    【画像】映画「真田十勇士」石垣佑磨、大島優子を絶賛www

    1:2016/08/09(火) 12:58:37.87 ID:
    俳優石垣佑磨(33)が8日、都内で開かれた映画「真田十勇士」(9月22日公開、堤幸彦監督)の大ヒット祈願イベントに出席し、同映画に出演している大島優子(27)を絶賛した。

    大島はこの日いなかったが、石垣は大島がワイヤアクションなどに挑戦していることを明かし、
    「とてつもない運動神経をしていますね。体が軟らかいし、身軽だし」とし、
    「ワイヤアクションで木を駆け下がるシーンを一発で決めていました。センスあるなと思いました」と振り返った。

    同映画は、2014年に歌舞伎俳優の中村勘九郎(34)が主演を務めた同名舞台の映画化。
    舞台の再演と映画を同時期に上演・公開するビッグプロジェクト。
    この日は他に、高橋光臣(34)、村井良大(28)も出席した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000179-nksports-ent

    左から石垣佑磨、高橋光臣、村井良大

    映画「真田十勇士」大島優子





    大島優子
     

    【画像】映画シンゴジラが最高すぎて泣く人続出www

    1:2016/07/29(金) 09:43:19.49 ID:
    2016年7月29日から公開されている、庵野秀明監督の映画「シン・ゴジラ」が、予想以上に大絶賛されている。なかには感動で泣き出したファンもおり、歴史に名を残す名作であることが判明した。

    ・終電がない時間でも大盛況
    「TOHOシネマズ新宿」では、2016年7月28日深夜から「シン・ゴジラ」を上映。巨大スクリーンTCX、IMAX、MX4Dの3スクリーンでほぼ同時に公開し、終電がない時間にもかかわらず、多くのファンがかけつけた。

    ・観客たちの声
    「私は観た!確かにゴジラだった!」
    「対ネタバレ食らう前に見た方がいいです」
    「シンゴジラおわた! 拍手喝采!」
    「シンゴジラはすごい。書いても書いても文章が出てくる」
    「いいよ!! めちゃくちゃいいよ!」
    「シン・ゴジラめちゃくちゃ面白いぞ!! 2周目行ってくる!」
    「やはり歴代最高に心に訴えるゴジラですたね」
    「ありがとう庵野監督。 今日まで生きていてよかった」
    「凄まじく新しいもの凄いゴジラがやってきました。この脳が弾け飛ぶような驚愕と興奮は是非劇場で体感してほしい」
    「ゴジラすごいよ」

    ・次回作に対する期待の声
    また、ストーリーが続編に繋がりそうな結末であった事から、「続編ある作りだな」「早くシン・ゴジラ2観たい」など、次回作に対する期待の声も出ていた。辛口な意見として「俳優のセリフが棒読みすぎる」という声も出ているようだが、

    「むしろ棒読みなのが日本の特撮映画っぽくていい」との意見もある。以下は、ゴジラファンの男性(81歳)の声である。

    ・ゴジラファンの声
    「そもそもゴジラは想像上の生物ですが、長い歴史があるため、すでに命ある生物として世界の人たちに無意識に認識されているんですよ。

    それゆえ、ときおり見せる生物っぽさに鳥肌が立つのです。ああ、これは映画だけど「命あるゴジラ」がそこに実在してるんだなって。○○○を○したシーンなんて背筋がゾゾゾッとしますよ」

    http://buzz-plus.com/article/2016/07/29/shin-godzilla/

    【画像】映画「告白」の時の橋本愛www

    1:2016/02/08(月) 17:09:13.82 ID:


    これは1000年に1人ですわ

    【画像】本田翼と山本美月が映画少女で女子高生にwww

    1:2016/01/05(火) 06:20:16.14 ID:
    女優、本田翼(23)と山本美月(24)の共演で、湊かなえさんのベストセラー小説「少女」が映画化されることが4日、分かった。
    女子高生の心の闇を描いた作品で、新進気鋭の三島有紀子監督がメガホンを執り、今秋公開。
    明るいキャラクターで知られる2人だが、本田は「新しい自分を見せるチャンス」、山本も「演じがいがある」と新境地の開拓に意欲を見せる。

    累計発行部数100万部を超える湊さんの傑作が、今をときめく2人の女優で映画化される。

    「少女」は、「人が死ぬ瞬間を見たい」という欲望を胸に秘めた女子高生2人を描く衝撃作で、昨年公開の「繕い裁つ人」で脚光を浴びた三島監督が手掛ける。
    重いテーマの作品だけに重要だったのはキャスティング。そこで、ドラマ、映画、CMで目覚ましい活躍を見せる旬の本田と山本に白羽の矢が立った。

    20代の2人を高校生役に起用したことに、製作サイドは「等身大の女性よりも、一度その世代を経験している方が、
    少女から大人の女性へ成長していく様子をよりリアルに表現できる」と説明。
    湊さんは「イメージにピッタリ。演じる人によっては嫌な人と思われるところを、
    女優さんの魅力で、欠点はあるが、応援したいと思える人物にしてほしい」と期待する。

    ミステリアスな女子高生、由紀を演じる主演の本田は「今まで明るいキャラクターが多かったので、正直少し不安でしたが、新しい自分を見せるチャンス」と気合十分。
    昨秋の撮影について「毎日、監督から“挑戦状”をもらっている感覚」と手応えを実感している。

    由紀の親友、敦子役の山本は「感情の起伏が大きい子で、すごくプレッシャーを感じましたが、演じがいがある」と充実の表情。
    監督からは催眠術のような演出もあったといい、「監督に耳元で『だんだん、こう思ってくる…』とささやかれると、本当にそう思えてくるんです」と笑う。

    4度目の共演となる2人は、本格的に絡むのは初だが、年齢が近く、互いに刺激を受けた様子。
    三島監督は「彼女たちがこれまで開けたことのない扉をどれだけ開けてあげられるかが自分の使命」とアピールした。

    新たな魅力を放つスター女優の飛躍に注目だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000501-sanspo-ent
    サンケイスポーツ 1月5日(火)5時0分配信

    【画像】漫☆画太郎の珍遊記が松山ケンイチで実写映画化www

    1:2015/12/11(金) 06:14:05.33 ID:
    2015年12月11日 6:00

    漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、松山ケンイチ主演で
    実写映画化されることが決定した。松山が主人公の山田太郎に扮した、
    ティザービジュアルも公開されている。

    「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」は、札付きの暴れん坊・山田太郎が、
    僧侶の玄じょうとともに旅する様子を描くギャグマンガ。
    週刊少年ジャンプ(集英社)にて1990年から92年にかけて発表され、
    完結後もコアなファンから高い支持を得ている。

    その後2009年にはアニメ化を果たしたほか、続編にあたる
    「珍遊記2~夢の印税生活編~」が2009年から10年までビジネスジャンプ(集英社)にて連載された。

    監督は「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」などを手がけてきた山口雄大、
    脚本はお笑いトリオ鬼ヶ島のおおかわらと、「おそ松さん」のシリーズ構成を務める
    松原秀が共同で担当。画太郎は映画について「史上最低の糞映画にしろって言ったのに、
    なんでこんなに面白くしたんだバカヤローッ!!」と賞賛の声を寄せている。

    映画は「珍遊記」のタイトルで、2016年2月27日より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。
    なお少年ジャンプ+では、12月24日23時59分までの期間限定で、原作1巻を無料配信している
    ので確認してみては。

    ◆◇◆◇

    ・松山ケンイチコメント

    しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので受けさせて頂きました。
    自分としては良く脱げた方だと思います。

    ・漫☆画太郎コメント

    史上最低の糞映画にしろって言ったのに、
    なんでこんなに面白くしたんだバカヤローッ!!
    ◯◯の巨人の監督に撮り直させろーーッ!!!


    ・映画「珍遊記」ティザービジュアル (c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

    ・新装版「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」1巻

    http://natalie.mu/comic/news/168863

    【画像】南明奈がハリウッド映画に出演www

    1:2015/12/04(金) 18:03:33.98 ID:
    タレントの南明奈が日本時間4日、ハリウッド映画に出演することが決定したことを
    オフィシャルブログで報告した。

    「前にニュースを見て知ってる方もいると思うのですが」と切り出した南は、
    「初ハリウッド映画出演が決まりました(*^^*)」とファンに報告。
    何の作品かは明かしていないが、撮影のために数日前から米ロサンゼルスに来ているといい、
    「今日は23時から明け方までの撮影!! がんばる!!」と意気込んだ。

    また、英語のセリフにも挑戦するため、渡米前に英会話に通ったという南は
    「幼稚園年長さんの時から10年間英会話はやっていたから覚えるのはすぐできたんだけど、
    やっぱり発音が難しい(>_<) rの発音とか難しいー(;_;)」と苦労を吐露。
    「でも苦手なセリフは昨日全部終わったんだ( ´ ▽ ` )よかった♪」とつづっている。

    先月29日には映画撮影のため、グレーに染めていた髪を黒くしたことをInstagramで明かしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151204-00000034-flix-movi

    南明奈

    【動画・画像】喜多嶋舞が妊娠する前に撮った映画がエロ過ぎるwww

    1:2015/11/20(金) 15:58:06.53 ID: 
     
      

    【画像】綾瀬はるか主演映画の高台家の人々に不穏な影www

    1:2015/11/09(月) 18:11:51.47 ID:
    11月6日、森本梢子氏の人気マンガ『高台家の人々』の実写映画化キャストが発表された。
    妄想癖のある冴えないOL平野木絵を演じるのは綾瀬はるか(30)、人の心が読めるテレパシー能力を持つ恋人の高台光正には斎藤工(34)、
    さらに間宮祥太朗(22)、大地真央(59)、市村正親(66)など豪華キャスト陣となったが、ひとり思わぬ人物がキャスティングされ「大コケ確定」といった声が上がっている。

     物議を醸している人物は、映画『進撃の巨人』でミカサ役を演じた水原希子(25)。
    同映画を見た観客からは「棒演技すぎ」「なんでこいつがミカサなんだよ」と非難が殺到し、映画の興行収入に大ブレーキをかけた戦犯として世間から名指しされてしまった。
     今回の『高台家の人々』には、良くも悪くも注目を集める水原が、兄・光正と同じくテレパシー能力を持つ妹・茂子役としてキャスティング。
    これには「水原希子!はい終了」「原作好きだったのに、なんで水原希子なの…」という声や、
    「水原はどんな映画もこけさせるすごいパワーの持ち主」といった声が上がった。
    なかには「水原はまたバーターってやつか」という声もあがっており、これまでの彼女の出演作が「事務所のゴリ押しだ」とファンから指摘されている。
    「水原希子はエイジアクロスという事務所に所属しているのですが、彼女のホリプロ系俳優とのバーター出演の多さはファンにはおなじみです。
    映画『ノルウェイの森』で一緒だった松山ケンイチ、『進撃の巨人』の石原さとみ、2人はともにホリプロ所属の俳優なんです。
    テレビドラマになるとより顕著で、『八重の桜』(NHK)の綾瀬はるかをはじめ、『キャビンアテンダント刑事』(フジテレビ系)での深田恭子との共演や、
    『信長協奏曲』(フジテレビ系)での向井理との共演など、水原が出演したドラマのほとんどは主演がホリプロ系の事務所所属の俳優です。

    そこにきて、今作もまた綾瀬はるかによる主演映画ですからね。
    ファンが「またか!」と声をあげるのも理解できます」(芸能誌ライター)
     バーター出演か否か、真実は定かではないが、『進撃の巨人』の悪評を背負ってしまった水原希子。その評判を挽回できるのか、彼女の実力が映画の成功の鍵を握っているかもしれない。

    http://news.infoseek.co.jp/article/taishu_18513/

    橋本マナミが映画『GAMBA ガンバと仲間たち』でネズミのコスプレで登場www画像

    1:2015/10/07(水) 16:19:36.66 ID:
    10月6日に都内で行われた3DCGアニメ映画『GAMBA ガンバと仲間たち』(10月10日公開)の
    先行上映会に女優の橋本マナミが登場し、セクシーな"ネズミ"コスプレで会場を魅了した。

    小さなネズミたちが力を合わせて巨大な敵に立ち向かう壮大な冒険物語
    『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を映像化した本作。イベントには主役のガンバを演じた
    声優の梶裕貴と河村友宏監督が登壇し、橋本は劇中で大活躍するネズミたちにかけた
    "ネズミ"年生まれの応援ゲストとして紹介された。

    上映を祝う花束を持って登場した橋本は、グレーのミニワンピースにしっぽと耳を付けた姿。ひと目見て
    「すごい!」と驚きの声をあげた梶は、「あまりのスタイルのよさに、直視できません」とタジタジの
    様子だった。河村監督も「照れてしまって隣に立てないですね。梶さんが間にいてくれてよかった」と
    コメントするなど、橋本は会場だけではなく壇上の参加者も魅了していた。

    9月23日に始球式を行った東京ヤクルトスワローズが優勝し、一部で"勝利の女神"と呼ばれている橋本。
    「映画も大ヒットすることで、本物の"勝利の女神"と呼ばれたい」と意気込みを語った。



     
      

     
     
      


     
     



    http://news.mynavi.jp/news/2015/10/07/230/
    アニメ、テレビよく見ます。相互フォローします。

    人気ブログランキングへ
    月別アーカイブ
    アクセスカウンター

      【12/28更新】この度アクセスを送るためのURLを変更しました、お手数ですが相互サイト様にはまた置き換えの方をして頂けますようよろしくお願い致します。「news24vip」

      アクセスランキング
      アクセスランキング アクセスランキング

      ランキングにランクインされた方から優先的にアクセスをお送りさせていただいております。
      サイト内で検索